主なマイナー通貨の動向!FX

学生でもできるfxの魅力について説明します

fxとは「margin foreign exchange trading」の略で外国の通貨を売買して利益を出すことです。

少ない資金で大きな取引ができるのが特徴です。なぜなら、手元の資金を担保にし、何倍もの金額が取引できる「レバリッジ」を使えるからです。例えば10倍のレバリッジだとすると、10万円で100万円分の取引ができるのです。為替差益や金利差も10倍になるので、リスクを最小限に抑えて利益を生むことが可能になります。

さらに、fxは年齢や職業などにかかわらず始めることができるので、学生でも構わないのです。学生のうちから始めることに賛否両論ありますが、経済を勉強するためには最適です。FXブログやニュースなどの情報から各国の情勢を真剣に考えるようになるので、世界に対する関心や知識が豊富になる効果も期待できます。

しかし、学生のうちは利益にとらわれてはいけません。少額から始めてリスクを最小限に抑えることが重要と言えます。

fxの魅力は他にもあります。24時間取引ができること、手数料が安いということ、通貨によって金利差が生まれることなどが挙げられます。

中でも注目が集まっているのが金利差です。金利の安い国の通貨で金利の高い国の通貨を買うと金利差が発生します。これを「スワップポイント」と呼びます。低金利の日本ではこのスワップポイントを最大限に利用することもできるのです。

2014/7/14 月曜日

Filed under: FX取引 — @ 12:01:00

宅建の試験の勉強方法

宅建の試験の勉強方法について紹介します。まずは必要となる書籍を購入します。最低限必要なのは宅建試験の過去問題集と基本テキストです。「ゴク楽宅建の過去問」という問題集もわかりやすいです。

宅建試験の勉強をするなら、まずは過去問題集から始めることです。宅建試験は全部で50問出題されて4つの中から正しいものを1つ選択する場合と1つ間違っているものを選択する解答方式です。

宅建の試験は常識問題が多いのですが、不動産やそれに関する法律などに興味がある人にはスラスラと読めてしまう本だと思います。初めて読む人でも問題集に何が書いてあるか全くわからないという内容ではありませんからまずは過去問題集を読みましょう。読み進めて行くうちに問題の正解を知りたくなり、それについて詳しく知りたくなったときに宅建の基本テキストを見ればいいと思います。

過去問題集を何度か読み続けていると問題の出し方のパターンや問題のひっかけのパターンを知ることができます。宅建の問題には多くのトリックが仕掛けられています。問題を解いていてそのトリックに引っ掛かったときは、そのときすぐに基本テキストを見て復習しておきましょう。記憶を定着させることが一番です。

とにかく宅建試験では問題文を注意してよく読みましょう。過去問題を繰り返しやっておけば、試験の傾向もわかってくると思います。そして何より集中できる環境のもと、暗記しやすいように自分自身の集中力も高めた状態で勉強することが習得への早道です。

2011/5/30 月曜日

Filed under: 未分類 — @ 13:11:00

FX口座開設-モバイルでの取引

FX口座開設しようと考えている方、普段の取引スタイルも考えながら口座開設するFX業者を選択しましたか?自宅のパソコンで取り引きをすることが多いのか、それとも外出先や仕事先など携帯電話の携帯アプリを使って取り引きをすることが多いのか、取引スタイルによっても理想的なFX商品は異なってきます。全てのFX業者が携帯電話での取引にも対応しているわけではありませんが、携帯電話を使っての取引が多くなりそうな投資家は、FX口座開設の前にぜひチェックしておくと良いでしょう。

携帯電話に対応しているFX業者には、FXプライムやサイバーエージェント、マネーパートナーズ、セントラル短資、みんなのFX、フォレックストレードなど数多くありますが、その中でも使い勝手がよくて携帯である事を感じさせないセントラル短資のクイックアプリ・トレードはとても人気があります。クイックアプリ・トレードを使うことで、為替レートやアラーム機能を使うことができるだけでなく、注文を入れて実際に取引する事もでき、パソコンで取り引きをしている場合とほぼ同じ取り引きを携帯電話のみで行なう事が可能です。

また、高速な取引画面が魅力のマネーパートナーズのハイパースピードモバイルNEXTも人気があります。マネーパートナーズが独自に開発している取引システムなので、他の取引システムでは見ることが出来ないほどの高速スピードと画面ロードの軽さが人気の秘密のようです。ぜひ自分にピッタリのモバイルFXを見つけてくださいね。

2010/4/16 金曜日

Filed under: FX取引 — @ 14:19:00
次ページへ »
  •